先輩のLOL

Senpaiから学ぶLOL(League of Legends)ブログ

高レートは敵の動きを予測する

 

 

皆さんこんにちは、BOBOCHINです。

 

ブログを再開してからここ1週間ほどで予想以上に沢山の方に見てもらえてとても喜んでいますヾ(๑╹◡╹)ノ"

これも全てブログに足を運んでくれる皆さんのお陰です。

本当にありがとうございますm(_ _)m

これからも興味深い記事、お役に立てる記事をお届けできるよう頑張ります。

 

 

ではまず早速1v1のコーナー!(興味のない人はすっ飛ばして下の記事を読んでね)

新しいケイトリンのスキンが出たということで

今回はケイトリンの1v1をpickしてみました。

 

www.youtube.com

ンツクシィ!!!f:id:nihcobob:20170526133529p:plain(ん?キャラが違う?)

 

VR動画

 

 

さて本題です

今回の記事はいわゆるPredictionについてです。

f:id:nihcobob:20170526204850j:plain

Predictionとは予測のこと。なぜ突然英語でカッコつけたのかといいますと、

動画サイトなどで予測プレイをpredictionと表記するためです。

検索するときに便利なのでぜひ知っておいてくださいね:D

この予測というものは、対人戦のゲームにおいて非常に大切なことなんです。

そして不確定要素が極端に多いLOLというゲームでは他のゲームに比べて特別に

予測」が重要になってきます。

 

ここでは敵チャンピオンの位置の予測ではなく、

いつ敵がスキルを使ってくるか

どこでスキルを使ってくるのか

にフォーカスした内容になります。

 

 

突然ここで質問です。

なぜプロは瞬時にスキルを避けることが出来るのでしょうか?

チクタクチクタク・・・

・・・・・

・・・

・・

f:id:nihcobob:20170526131414p:plainオマエサンノシハムゴイモノジャッタ...

正解は・・・・・・反射神経が凄いかr・・・・・・ではなく、

Prediction力が半端ないからです! まぁ何度も言うように予測です。

プロやその他高レートのプレイヤーは常に何かを予測してプレイしています。

あらかじめ敵の行動パターンを頭に入れているから突然スキルが飛んできても瞬時に対応できるのですね。

そしてもちろん反射神経も恐ろしく速いです。

が・・いくら彼らでもTeemoからAsheアローが放たれたら反応できません。

流石のFaker先輩でも難しいと思います。

f:id:nihcobob:20170526125738g:plain(最後Teemoどっか行っちゃった・・・・)

 

その為、 反射神経 + あらかじめAsheのアローを 予測 することで様々な場面で素早くスキルを避けることができるんですね。

 

そしてもう一つ面白いgifを見つけました。

最近Twitterに流れていたhuniの動画から予測の動きを確認することができます。

 

 

敵のFioraのパリーを完全に予測した動きですね。

他にも昔USGのEnty選手がモルガナを使って敵のフラッシュを読んだ動きをしていましたね。至近距離でAAを入れることでAAモーションとQのモーションを混同させて誤って敵のフラッシュを誘うといった動きです。申し訳ないことに動画は見つかりませんでした; ;

とまぁここまで紹介したのですが、正直日本鯖でダイヤまでランクを上げるうえで、ここまでの技術は必要としません。ですが、高レートに行けば行くほどこういった読みが高い頻度で行われます。

ええええぇ、上手くなるにはそんな沢山の動きを全部事前に考えなきゃいけないの?

だが心配ご無用!失敗してから意識すればよいのです。

このゲームで最初から全てを予測して完璧に動ける人なんかいません。

頭で分かっていても実際に動くことができないのがこのLeague Of Legendsというゲーム。

レーンでAsheのアローに毎回当たってしまう人いませんか?f:id:nihcobob:20170526194833p:plain

※ここからは BOBOCHIN 独自の考えです、鵜呑みしないように!

僕が見てきた中だと、大半の人がフラッシュが上がっているにも関わらずアローに当たっています。どうしても避けられない人は一度フラッシュに指を添えてみましょう。相手がレベル6になった瞬間からフラッシュの用意をしても構いません。無理やり誘ってフラッシュアウトしても構いません。

たった一度でも避けると感覚が身につくんです。本当ですよ!

 

ブロシルゴル時代の僕 Asheのアローが飛んできた飛んできたああああ飛んでくるぅフラッシュあるフラッシュあるぅ避けなきゃ避けなきゃあああああもうちょっとで当たる当たるうわああああああ避けなきゃあああうわあああああああああああああああ(^p^)

バコーン(アローに当たる)

 

経験ある人いませんか?

 

フラッシュしちゃえば避けれるのに何故かフラッシュできない現象

フラッシュを押す猶予があるにも関わらずフラッシュを何故か押せないんです。

これは僕みたいな人特有の特別な現象なんですが、同じように頭の中では分かっているのに実践出来ない人が沢山います。

だからこの場合の対処法として事前にフラッシュキーに指を添えましょう。

たった1度でも避けてしまえば体に身に付きます。次からは絶対にフラッシュできるようになります。

 

話が逸れてしまうんですが、モナースペル惜しんじゃう病の患者さんはいませんか?僕は末期患者でした。RPG等で結局最後までアイテムを使わずにクリアするタイプです。正直殆どの場合Asheアローは致命傷となります。絶対にフラッシュするべきスキルなんです。そこでフラッシュを温存するよりも、生き延びたほうがずっと有意義ということを知ってください。勿論なんでもかんでもフラッシュを吐くのは良くありませんが、なんでもかんでも使わないほうがもっとダメです。上記に当てはまる人は次から勇気をもってフラッシュを使ってみましょう。

f:id:nihcobob:20170526201648j:plain

 

 

今日のまとめ

ボーっとプレイせずに常に敵の動きを予測しよう

失敗しても、その都度意識することを心掛ける

アローは絶対にフラッシュ切れ 絶対にだ

 

 

失敗する度に〇〇するべきだったぁあああと心の中で反省しましょう。

遅かれ早かれ続けていればいずれ改善されるはずです。

しつこいですが、反省した後次の試合で意識しなければ意味がありませんよ!

 

君のランクに幸あれ ぼぼちん

 

終わり

 

今回の記事はブロンズからゴールドの方向けに書きました。当たり前のことしか書いてませんが、その当たり前が出来ている人は極少数です。この当たり前で差をつけましょう。そして今は数年前と違い日本語のLOL情報が格段に増えています。せっかく沢山の情報が提供されているのにそれを有効活用しないのは勿体ないです。僕のブログ以外にも、いろいろな人が情報を発信しています。うまく活用してレートを上げてください:D

 

余談 今回の内容とは異なりますが、僕はいつまでたってもトリンケットを変えるのを忘れてしまう時期がありました。面白いほど毎回忘れるので1度モニターの近くにトリンケットって書いた紙を貼ったことがあります。それ以降忘れる頻度が段違いに変わりました。同じ境遇の人ぜひ試してみてはいかがでしょうか:D 

くどいですが最後にもう一つ~! 

現在先輩のLOLブログでは、ツイッタープロフィール画像、ヘッダー画像を作成してくれる方を絶賛募集しています。気になる方は一度本TwitterアカウントまでDMをください。

先輩のLOL ブログ (@LOLsenpaiblog) | Twitter

 

ファントムオブキル

ブログランキングをポチッと押してくれるとボボチンが跳ねて喜びます