先輩のLOL

Senpaiから学ぶLOL(League of Legends)ブログ

なぜ寄れる男はモテるのか

 

こんにちは、こんばんはBOBOCHINです。

 

寄って!寄って!寄って!寄って……

寄るなよー💢

・・・・・・・・さぁタイトルから分かる通り今日は寄りのお話。

正直言ってしまうと僕も寄りが苦手です、下手です、雑魚です。もっと早く行けば味方助けられたなーと思うことが多々あります。だから今回は自分に言い聞かせる事も含めて、どうしたら寄りが上手くなれるのか書いていこうと思います。

 

f:id:nihcobob:20170614202536p:plain<今回は拙者の得意分野でござるよ。

 

では話を進めていきます。

 

 

まず 寄りの定義 って何だろう?

 

味方の近くに寄ること

まぁ正しいだろう。じゃあジャングラーがレーンにガンクに行く時は寄りって言うの?味方の近くに寄ってるけど…。でもこれはガンク。寄りではないよね。僕の中の定義では 既に敵味方の戦闘が始まっており、それに味方が援護、加勢すること。(場合によってガンクも寄りと捉えられるが、ここではジャングラーによる援護、加勢は寄りではないとします)

じゃあその 寄り が発生する場面ってどんな時だろう?

大きく2つあって、まず一つ目から。

よく見かけるのがジャングル内にてジャングラー同士がバッタリ遭遇するパターン

この時、味方のレーナーには寄るか寄らないかの判断が迫られます。

もう一つ代表的なものは少数戦が起きた時のTP

正直TPに関しては僕の専門外です(´-`).。oO

知り合いのチャレンジャーのTopレーナーの方曰く、感覚だそうです。勿論事前にミニマップで戦闘が起こるか確認する必要はありますが、その上でTPを使うか、使わないか。キャンセルするかしないかはその場の状況判断のため経験を積むことが大切だと言っていました。

僕は正直TPについて全然分からないので一つ目について書いていきたいと思います。

一つ目とはいわゆる歩くタイプの寄り。まず第一に序中盤にジャングラー同士の衝突が起きた時、味方のレーナーは出来るだけすぐに寄るべきです原則として寄ってください。当たり前の話、だって寄れば2v1になって有利になるでしょ?

 

f:id:nihcobob:20170614202536p:plain<じゃあ何故多くの人はすぐに寄ることができないでござる?

 

それはレーン不在中に敵との経験値が広がる、CSを落とす、タワーを削られてしまう恐れがあるから。だよね?

じゃあ、経験値落としたcs数タワーが削られるダメージ を最小限に抑えて味方の元に寄れたらベストだよね。

 

f:id:nihcobob:20170614202536p:plain<そうするためにはどうしたら良いでござるか?

 

答えは簡単、常にレーンをプッシュしよう。ミニオンを敵タワーに押し込もう。自分が先にcs、経験値を得てから寄ればタワーも攻撃されない!敵はミニオンを押し付けられているからすぐには寄ることが出来ない。

 

全てが完璧だ!!

 

がしかし、残念ながら常にプッシュしていたら敵ジャングルのガンクを受けやすくなってしまうんだ。。

 

f:id:nihcobob:20170521125057p:plain<えええええ、じゃあどうしろっていうんだよ!!

 

ではここで敵味方のチーム構成に目を向けます。 

 

仮に味方のジャングラーをカジックス。f:id:nihcobob:20170614192506p:plain

 

のジャングラーをノクターンとしよう。f:id:nihcobob:20170611143616p:plain

 

カジックスは1v1に非常に優れているチャンピオンだ。それに加えてEのブリンクによる機動力もある。しかし、ガンクは少しばかり苦手だ。ここまで言えば分かると思うが、カジックスはカウンタージャングルを良く行う、得意とするチャンピオンなんだ。それに比べてノクターンはレベル6までガンクが強いとは言えない。

上記からmidレーナーが取る選択肢は何だろう?

 

・恐らくカジックスとノクターンがジャングル内で遭遇する確率は高い。

・その為、試合中、君がカジックスに寄らなくてはいけない場面が多々あるだろう。

・ならば常にレーンをプッシュして、なるべくいつでも寄れる態勢を作ろう。

・Lv6までノクターンはmidにガンクする確率が少ない為、安全にプッシュできる。

 

という思考プロセスが出来上がった。

 

今回は分かりやすく書く為に極端な例を挙げたけど基本的な動きは上のように

構成を見て考えよう。

あなたがもし敵midレーナーの立場の場合は、なるべくミニオンウェーブを押し込まれないように対応しよう。簡単に寄らせてたまるもんですかの精神。

他に寄りに関して重要な事は、

味方に寄って欲しい人はピングを出しまくること。

ゲームが始まって2分弱しか経っていない時、レーナーは正直ミニマップを見ていません。最序盤からカウンタージャングルをされた場合はピングを鳴らしまくってください。でなければ気づけません。お願いします。

少し話が変わって、もっと大前提に ミニマップを見る という大事な事が有るけれど、ミニマップに関しては、癖になるまで意識してくださいとしか言えません。

試合の中盤から終盤にかけては自分のチャンピオン3割、ミニマップ7割の比で見るくらいで良いと思います。ジャングラーやサポートにおいては8割くらいミニマップ見てください。そのくらい大事。ミニマップに関しての記事は他ブログに沢山載ってるのでそれを見てください。

 

(※ここから話が脱線します)

 

このブログをずっと見てくれている人ならもう分かると思うけれど、当ブログでは既に載っている情報、探せばすぐに出てくるような内容、他ブログの受け売りをわざわざ紹介する気はありません。

何故なら無駄だから。

レートはいくつであれ、ある程度ゲームをプレイしているプレイヤー向けに書いています。

 

LOLに限らず情報は自分で取捨選択してください。

 

もし仮にミニマップを一切見れていないプレイヤーが今回の記事を読んでも、恐らく寄りが上手くも早くもならないと思う。更には、「ブログ通りに意識しているのに寄りが全然上達しない・・」と不満を抱く可能性だってある。そうはなって欲しくない。僕としても自分が持っている知識の範囲内であれば、最初から最後まで伝えたい。しかし、全てをまとめる力も時間もないし、他に被るような初心者向けの記事だって沢山ある。

何故こんな話を唐突に始めたのか自分でも分からないけれど、とにかく当ブログのスタンスを伝えたかった。

その情報が自分に必要か、そうでないか、は自分で決めてください。

必要ない人はブラウザバックして欲しいし、必要だと感じた人はどんどん活用して欲しい。

くどいけどあと一つ、どのレートに向けた記事とか特に意識していません。僕のマッチングするレートでもミニマップを一切見れていない人、オブジェクト意識が低い人が死ぬほど存在します。ブロンズからダイアまで幅広いプレイヤーに見てもらいたいと考えています。

元USGのくろっくでいが日本鯖はシルバーもプラチナも何ら変わらないってツイートしてたけど、これには僕も同意見。個々のメカニクスに若干の違いはあるけれど、ゲームの理解度 いわゆるゲームの終わらせ方を知らないことに関しては、どちらも大差ないと思う。

 

だけど、これだけ偉そうにだらだらレートについて書いている僕は最近ダイアから降格しました笑

説得力もあったもんじゃない。

僕のため、ブログの説得力のために出来るだけすぐにレート戻します。

変な締め方になったけれど、これで終わり!

 

余談

自分が辛い状況の時、味方が颯爽と現れ助けてくれたらどう思う?

〇〇君素敵・・キュン・・♡ ってなるよね。

単純明快、寄れる男はモテるんだ。

だから某女性声優配信者はシェンが大好きなんだね。

味方に寄るのは大前提。だからどうしたら寄れるか考えよう。この記事が寄りの答えとは言わないけれど、うまく活用してサモナーズリフトでモテ男になってください。

この記事が気に入って頂けたら記事のツイートリツイートブログランキングをポチっとお願いします。

あなたの気持ちがブログ活性化に大きく繋がりますm(_ _)m

見に来てくれた方ありがとうございました。また次の記事でお会いしましょう:D