先輩のLOL

Senpaiから学ぶLOL(League of Legends)ブログ

Gankでうんざりなあなたへ~〇〇で回避しろ~

 

こんにちはBOBOCHINです。

最近パソコンデスクに小さな観葉植物を置きました。何でもこの植物、空気を浄化してくれる優れものらしい。部屋に置いてからなんとなく空気が美味しくなった気がする…………そんなことないか( ̄(工) ̄)

 

今回書く記事を決めるために事前にTwitterにて読みたい内容のアンケートを取りました。回答してくれた方ありがとうございます。

ということで今回は

 

皆が大嫌いなGankを回避するコツ、小技を紹介します。

f:id:nihcobob:20170621145647j:plain

 

 

まず単純にどうしたらgankを回避できるのかを考えよう。

 

ブリンクを残しておく?

フラッシュを使う?

サイドステップでccを避ける?

 

違う、違うぞ!

そんな小手先の細かいレベルではなく、もっと根本的な話なんだ。

言ってしまえば、敵ジャングルの位置が分かっていればGankの問題は全て解決するってこと。

 

f:id:nihcobob:20170521125057p:plain<位置が分かれば苦労しねぇわ!〇ね!

 

勿論、敵ジャングルの位置、細かい座標まで把握しろなんて無理な話。

敵ジャングルの位置なんて大まかで良いんだ。

 

さて話を進めていくうえでまずはMidレーンを例にとることにしよう。

 

MIDレーンの特徴を大きく3つ書き出した

 

・TOPやBOTレーンに比べてレーンの距離が短く、すぐにタワー下まで下がることができる

 

・計4つの豊富なガンクルート。(ジャグラーによってはもっと増える)

 

・マップのど真ん中に位置するMIDレーンは、例えジャングラーがBOTサイドのジャングルにいようがTOPサイドのジャングルにいようが手軽にGankに行くことが可能なレーンである。

f:id:nihcobob:20170621093604j:plain赤いバツマークは気にしないでね)

単純に考えて、他のレーンに比べてGankに来る可能性が高いが、少しばかりGankが成功しづらい。

勿論Gankに来る可能性はMIDチャンピオンの種類に左右されるが、ここではMIDチャンピオンをごく一般的なブリンクを持たないメイジと仮定する。

初めに言った通り敵ジャングルの大まかな位置さえつかめばガンクは回避できる。どうすれば敵ジャングルの大まかな位置を把握できるのか、その上でガンク回避の方法とは何なのか、具体的に説明しよう。

 

ゲーム開始時、まず初めに敵JGがどこから中立を狩り始めるのかを考えてみよう。

 

考え方としてはこうだ。

・敵のTOPが遅れてレーンに到着→赤バフスタートf:id:nihcobob:20170621134347p:plain

・敵のMIDが遅れてレーンに到着→ラプタースタートf:id:nihcobob:20170621134352j:plain

(※マナも消費

・敵のBOTが遅れてレーンに到着→青バフスタートf:id:nihcobob:20170621134357p:plain

 

100%とは言い切れないが、上記の考えは殆どの場合成り立つ。

(敵JGがアイバーンシャコ等、リーシュが不要かつイレギュラーな立ち回りをするチャンピオンの場合は、味方と共に序盤から敵ジャングル内にワードを刺しに行こう。)

君はMIDレーナーだからと言って序盤から他レーンの動きを見なくていいわけではない。(本来敵ジャングルがどこからスタートしているかをpingで教えてくれるのは味方ジャングラーなんだけど、日本鯖は無能JGが多いから自分の身は自分で守ろう)

 

では仮に敵JGのLeeSin青バフスタートをしているとしよう。

 

これからLeeSinはカエル・・・のように動くと大まかに推測できるよね。だとしたらLeeSinがMIDガンクで選ぶルートはトップサイド側の2つの道だ。

敵JGの大まかな位置を知った君が起こすべき行動は

 

敵ジャングルがいるであろうブッシュ側と反対のブッシュ側に寄ってのレーニングだ

 

具体的に同じことを言うと

 

真っ直ぐにのびるミッドレーンを軸として、TOP側もしくはBOT側にJGがいたら、それとは反対側でレーニングを行えばよい。

f:id:nihcobob:20170621140854j:plain

別段、Leeのgankが来る可能性があるからといってレーンで下がる必要はない。

反対側に寄る というところが大事

これだけでLeeSinは死ぬほどGankに行きづらくなる。

もしそれでも敵がGankに来るようならば下図の青➡通りに逃げればGankを回避することができる。裏からGankが来ても君は横に逃げるだけでいいんだ。

ゲーム開始3~6分くらいはJGの動きも殆ど決まっているため、スタートさえ分かれば大まかな位置を把握することができる。

しかしそれ以降が問題だ。

敵JGがワードに映ったり、他レーンのGankで姿を現した際は、さっき言った通りに動けば良い。

 

しかし敵JGが全く視界に映らない場合、レーナーはどうすればいいだろう?

 

f:id:nihcobob:20170521125057p:plain<今度こそどうすりゃいいんだよ!〇ね!

 

まぁそうカリカリしないでほしい。これに関してもこれから説明します。

序盤中盤以降、敵JGの位置が全く分からない状況になることは多々ある。どこから敵ジャングルが来るか分からない中、Gankを回避する肝となるものが

 

コントロールワードと味方ジャングラーの位置

 

何故この二つが重要なのかを書いていくぞ。

Gank回避においてワードが重要だというのは皆も分かっているだろう。設置しておけば敵が見えるからね!けれどサイトストーンを買わない限りワードをたくさん置くことはできない。だが安心してほしい。Gankを対処するためだけならば黄色トリンケットの一つでさえもいらない、コントロールワード一つで十分なんだ。

まず余ったGoldでコントロールワードを買います。コントロールワードをリバーにちょろっと生えているブッシュに刺します。このブッシュは敵が相当遠回りでもしない限り、Gankの際必ず通るルートです。

f:id:nihcobob:20170621152458p:plain(コントロールワードを置くブッシュはここね)

 

ん?でもそのコントロールワードってTOPとBOTどちら側のブッシュに置くの?

 

ここからが重要。

 

味方JGが位置する側のブッシュにコントロールワードを置いてください

そしたらあなたは味方JG、コントロールワードが位置する側に寄ってレーニングを行って下さい

 

これで高い確率で敵のGankを対処することができます。

 

何故これでGankを対処する事ができるのか?

 

現在、敵JGの位置は分からない。MIDレーンを軸とした時、BOT側に味方JGがいると仮定する。その場合、説明通りBOT側のリバーブッシュにコントロールワードを置き、BOT側に寄ってレーニングを行う。

TOP側から敵がGankに来たら今まで通り横に逃げれば良い。

BOT側からGankが来たらワードに映るため、下がることができる。時間を稼げば味方JGと挟むこともできる。

上記のように行動すれば、結局敵がTOP側BOT側どちらからGankが来ても味方JGはすぐに自分のもとに寄れるし、自分も味方JGのもとへ逃げ込むことができるんだ。

つまり 視界が取れている、味方が近くにいる方へ寄ってレーニングすることがGank回避に繋がるということ

 

 

今回のまとめ

・敵JGの大まかな位置を知る

・レーンでは敵JGと反対側でファームする

・コントロールワードと味方JGの位置が重要

 

この記事を読んだ君は今日からgankを受けにくくなるはずだ!

是非意識してplayしてくれ!

終わり

 

余談

コントロールワードは1つで良いとは書いたが、これは最低限の話。当たり前だけど、視界を取れれば取れるほどチームは有利になる。1個だけで良いんだ!と思わず余裕があればトリンケットをジャンジャン使おう。

今回はMIDレーナー限定の記事になってしまったが、他のレーナーやジャングラーも協力して例のブッシュにワードを置くことで味方のMIDが楽になることを覚えておいて欲しい。BOTやTOPのgank回避も少しでも要望があれば書きたいと思います。今回は一番ガンクを受ける確率が高いと感じたのでMIDレーンを取り上げました。

記事を見に来てくれた人ありがとうございます。また次回の記事でお逢いしましょう。