先輩のLOL

Senpaiから学ぶLOL(League of Legends)ブログ

~僕が好きな海外配信者~

 

こんにちは、BOBOCHINです。

今回の記事は少しゆる~い内容になっています。

題して「個人的に好きな海外Twitch Streamer紹介」

今回はパッと思いついた3人を簡単に紹介したいと思います。

突然ですが、まずこの動画を見てください。少し古い動画になっています。

 

~最後のジェイスにご注目~

www.youtube.com

Boxbox操るジェイスのoutplay。

視界が取れていない状況でLeeSinがQを打ってくることを完璧に予知していますね。

f:id:nihcobob:20170604175639j:plain

ちなみにBOXBOXってこの人。素晴らしい笑顔のRiven使い。

Rivenのoutplayはおなじみだと思ったため、あえて違うチャンピオンの動画をピックアップしてみました。

彼はプレディクションとメカニクスのレベルが非常に高いプレイヤーです。

本名はAlbert잘못zheng。

BOXBOXの名前の由来は、잘못とサモナーネームで登録したところボックス2つ□□で表記されてしまったことからだそうです。そして彼、身長が188cmあると配信で公言しています。そんな身長が高かったとは・・・。

そしてもう一つBoxboxのOutplayを載せておきます。

お手数ですが14:25秒から再生してください。

youtu.be

Topで対面がダリウスにも関わらず、上手に育っていくカタリナ。逃げ方が気持ち悪いくらい上手いです。

頻繁に面白いプレイを狙っては見せてくれる僕の大好きな配信者です。もしよければ彼の配信を覗いてみてはいかかでしょうか。

www.twitch.tv

そして次に紹介する配信者は皆大好きSneakyニキ。

愛くるしい容姿と卓越したメカニクスを併せ持つLOL界のsuper adc兼アイドルと言えばこの人。

f:id:nihcobob:20170625003558j:plain

彼は大体いつもWhat the ○○○○...?と口にしている印象があります。

早速ですがぜひとも皆さんに見て欲しい動画を下に貼りました。

題名はBug Catcher Sneaky

恐らくSneakyが異常な頻度でバグに遭遇することから生まれた題名でしょう。下の動画は理不尽なバグに遭遇するSneakyがただただ嘆き悲しむ内容になっています。

(個人的にRivenのシーンが一番好きです)

www.youtube.com

関連動画からpart2やほかのバグシーンも見ることができます、気になった方はぜひ見てください。ゲームプレイの他にもゲーミングハウスの動画やMeteosとの絡みも面白いのでsneaky funはぜひ探してみてください。(貼らない)

彼のTwitchアカウントはこち

www.twitch.tv

最後の一人はこの人LL Stylish

この人・・・とか言いつつ、しっかりと映った顔写真がないため割愛。。。

しかし、最近の配信では顔出ししているのでいつでも拝めると思います。

1か月ほど前くらいに僕がYoutubeの動画で知ったプレイヤーです。いつ頃から配信を始めたのかはよく知らないのですが、最近よくYoutubeで見かけるようになった配信者です。そのため詳しいプロフィールなどはまだ載っていないようです。簡単なものはTwitchのプロフで見ることができます。

どんな特徴を持ったプレイヤーなのかは動画を見てもらえれば1発です。

www.youtube.com

僕は個人的にZEDのMontageをよく見るんだけど、

素人目線ながら今まで見た中で一番完成度の高いzedだと感じました。他にもroyaldoorというzedメインのプレイヤーがいるんですが、彼よりもllstylishの方がまさっているのかなと個人的に感じました。数あるZEDプレイヤーの中でも特に彼の凄いところは、仕留める対象が一人だけでなく複数でもうまくいなしてしまうところなんです。一人だけでなく敵全体の動きを細かいところまでよく見れている素晴らしいプレイヤーです。

ぜひ一度、彼のZEDを配信で見てみよう。

www.twitch.tv

 

終わり

余談

今回はいつもと違って簡単に配信者の紹介をしてみました。いかがだったでしょうか。ひたすらランクをプレイするのも良いですが、時には息抜きに配信を見てリラックスしてみましょう。正直、僕はあまり日本人の配信を見ません。見るとしたらEviくんやclockdayの配信です。ここで紹介した以外にもたくさんの海外配信者を見ています。この人面白いよ!等あったらぜひ教えてください!

ブログを見に来てくれてありがとう、また次回の記事でお逢いしましょう。